Further Information見どころ

正倉院宝物は、かつて東大寺の倉であった正倉院に収納されていた品々で、その数はおよそ9000件を数えます。正倉院展は、これらの中から毎年60件前後が厳選され公開される展覧会で、今年で74回目を迎えます。今年の正倉院展も例年と同様に、美しい工芸品から、奈良時代の世相がうかがえる文書まで、様々な品が出陳されます。

天平勝宝8歳(756)6月21日、聖武天皇(しょうむてんのう)の四十九日に合わせ、后(きさき)の光明皇后(こうみょうこうごう)が東大寺盧舎那仏(るしゃなぶつ)に献納した品々は、正倉院の中でもとりわけ由緒ある宝物として知られています。今年はその中から、繊細かつ華やかな文様が施された漆背金銀平脱八角鏡(しっぱいきんぎんへいだつのはっかくきょう)などの工芸品のほか、黄熟香(おうじゅくこう)(蘭奢待(らんじゃたい))と並んで名香の誉れ高い全浅香(ぜんせんこう)が出陳されます。

漆背金銀平脱八角鏡

漆背金銀平脱八角鏡

聖武天皇と光明皇后の娘・称徳天皇(しょうとくてんのう)にまつわる銀壺(ぎんこ)も見逃せません。この品は、天平神護3年(767)2月4日、称徳天皇が東大寺に行幸した際の大仏への献納品と考えられ、その破格の大きさもさることながら、表面に施された騎馬人物や鳥獣の細かな線刻文様が目をひく逸品です。

さらに今年は、奈良時代の装いに関連する宝物が多数出陳されるのも特徴です。犀角魚形(さいかくのうおがた)や彩絵水鳥形(さいえのみずどりがた)は、高貴な身分の人が腰帯から下げたり、衣服に縫い付けたりして用いたと考えられ、わずか数センチの大きさでありながら、魚鱗や鳥翼に施された精密な細工には目を見張ります。また、犀角(さいかく)や象牙(ぞうげ)といった珍貴(ちんき)な素材を用い、美しく装飾された斑犀把緑牙撥鏤鞘金銀荘刀子(はんさいのつかりょくげばちるのさやきんぎんかざりのとうす)は、実用性をも兼ね備えた装身具の一種として注目されます。

奈良時代は仏教が国家鎮護(こっかちんご)の役割を担い、法会(ほうえ)が盛んに営まれていました。伎楽面 力士(ぎがくめん りきし)は、天平勝宝4年(752)の大仏開眼会(だいぶつかいげんえ)で使用されたことが墨書から判明する品で、表面に施された鮮烈な赤が華やかな法会の情景を浮かび上がらせるようです。粉地彩絵几(ふんじさいえのき)の鮮やかな彩色文様や、金銅幡(こんどうのばん)に見るバラエティーゆたかな透彫(すかしぼり)文様もまた、法会のきらびやかさを引き立たせたことでしょう。このほか、空海(くうかい)が本格的な密教を伝える以前の古式の法具・鉄三鈷(てつのさんこ)は、厳かな法会の様子を今に伝えています。

これら数々の宝物は、伝統を重んじる人々の弛(たゆ)まぬ努力によって守り伝えられてきました。会場の最後に展示する錦繡綾絁等雑張(にしきしゅうあやあしぎぬなどざっちょう)は、江戸時代の天保4年(1833)の開封を機に屛風に仕立て整理された奈良時代の古裂の断片で、正倉院における保存整理のさきがけとして象徴的な意義をもっています。これらの染織品を通して、現代に至る宝物伝承の取り組みに思いを馳(は)せていただければと思います。