Featured Treasures主な出陳宝物

粉地彩絵几 附 白橡綾几褥 (ふんじさいえのき つけたり しろつるばみあやのきじょく) (献物をのせた台) 1基

倉名・番号 中倉177
寸法 縦34.0cm 横38.5cm 高9.2cm
解説 仏前に献物(けんもつ)を供えるための台で、天板と同じ大きさの上敷き(褥(じょく))が付属する。ヒノキの一枚板で作られた天板に、花葉形に彫出された華足(けそく)をつけており、華足を彩る青系・赤系・緑系・紫系の鮮やかなグラデーション(暈繝彩色(うんげんざいしき))が目を惹(ひ)く。天板裏面の墨書(ぼくしょ)と貼紙によって、正倉院に納められる以前は、千手観音菩薩像(せんじゅかんのんぼさつぞう)や銀の盧舎那仏像(るしゃなぶつぞう)が安置されていた東大寺千手堂のものであったことがわかる。